宗皮膚科・病理診断科医院

一般皮膚科診療

① アトピー性皮膚炎、敏感肌

アトピー性皮膚炎と診断されたら、まず悪化の原因を探します。

・季節によって変化する
春に悪くなるアトピー
夏に悪くなるアトピー
秋、冬に悪くなるアトピー

・季節に関係なく部分的に悪くなる
生活環境にヒント。

敏感肌は皮膚のバリア機能の低下が原因。
まずは、徹底的な保湿をすること。
次に、出来るだけ刺激を避けること。

② 痤瘡(ニキビ)

皮脂の出口である毛穴の上部が詰まってしまい、蓄積された皮脂が酸化したり、アクネ菌が繁殖し、炎症を起こしたのがニキビ。
まずは、肌を清潔にすること。そして、毛穴の出口を塞がぬこと。

当院でのニキビの治療法:

内服薬
皮脂を調整する働きのあるビタミンB2、B6、漢方薬、テトラサイクリン系抗生剤などを使います。
その他、活性酸素を削減する抗酸化ビタミン剤も使います。

外用薬
イオウローション、抗生剤等。

処置
白ニキビの場合は面疱圧出法を行います。
エレクトロポレーション(電気穿孔、さらに浸透力が高くなる施術方法)
場合によっては、ケミカルピールあるいはレーザーピールを併用することもあります。

③ 白癬(水虫)

白癬菌あるいはカンジダ菌などが皮膚、爪に付着し、繁殖し、炎症を起こしたのが水虫。
皮膚を常に清潔にすること。風通しをよくすること。
爪の水虫は最新外用治療薬で治療します。肝臓の悪い方も安心して治療を受けられます。

④ 乾癬、掌蹠膿疱症

乾癬は、表皮細胞の増殖亢進とターンオーバー時間の短縮、角化異常、炎症所見が原因。
日常のストレスを避けること。ビタミンD軟膏外用にてコントロールします。

掌蹠膿疱症は、最近増えてきた病気。赤みを伴う膿胞が手のひら、足の裏にでき、時々水虫に間違えられます。
病巣感染(慢性扁桃腺炎、虫歯など)、金属アレルギーが原因の一部と考えられています。

詳しく検査をし、原因を除去します。

⑤ 皮膚腫瘍、イボ・水いぼ

ほくろ、アテローム、老人性イボ、魚の目、は必要に応じて切除します。

イボ・水いぼは、ウィルスが原因。
冷凍療法、外用療法、注射、内服などにて治療します。

炭酸ガスレーザー

⑥ その他(多汗症)

多汗症は、内服薬、外用薬(エクロックゲル)ボトックス局注にて改善します。

↓詳しくはコチラ↓

お問い合わせ
宗皮膚科・病理診断科医院
〒606-8204
京都府京都市左京区田中下柳町20-6 2F
TEL 075-722-6388
MAIL info@so-skinandpatho-clinic.com

担当医のご紹介

■ 院長
宗 愛佳
皮膚科、アレルギー科、美容皮膚科担当
京都大学医学博士
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

■ 病理診断担当医
宗 寛之
順天堂大学医学博士
日本専門医機構認定病理専門医
病理指導医